愛知県内の障害のある人のアートに関する情報を集約・発信します

[あいちアール・ブリュット Portal Site]障害のある人のアート情報

[あいちアール・ブリュット Portal Site]障害のある人のアート情報

以下のイベントは終了いたしました。

あいちアール・ブリュットトークイベント「さまざまな表現活動から見えるコミュニケーションの世界」

  • 2018年9月23日(日)
  • 9月24日(月)
会場 |
名古屋市民ギャラリー矢田 第1展示室
愛知県主催
 
  • トーク

「あいちアール・ブリュット展」の作品展の会場内では、専門家の方や現場の実践でご活躍の方、今回の「あいちアール・ブリュット美術館」出展者の方などをお迎えし、「さまざまな表現活動から見えるコミュニケーションの世界」と題したトークイベントを開催します。

9月23日(日)15:00-17:00

海外も含めて様々な場で活躍する美術家・中津川浩章さんから、福祉とアートの関係、活動の現場のお話をうかがいます。そのあと愛知で活動する認定NPO法人ポパイの山口未樹さんを交えて、障害とアートの関わりを掘り下げます。

お話:中津川浩章(なかつがわひろあき)、山口未樹(やまぐちみき)
進行:鈴木敏春(すずきとしはる)

9月24日(月・祝)14:00-15:30

愛知のアール・ブリュットの始まりについて、1970年代に「虹の絵師」と呼ばれた山本良比古さんと彼の所属する施設(サンフレンド)の施設長・川崎純夫さん、また1980年代フロール展などで活躍した陶芸家・小寺良和さん、そしてその指導・支援をされてきた社会福祉法人名東福祉会の三上政美さんからお話をうかがいます。

お話:山本良比古(やまもとよしひこ)・川崎純夫(かわさきすみお)、小寺良和(こでらよしかず)・三上政美(みかみまさみ)
進行:鈴木敏春(すずきとしはる)

※敬称略

開催日時
  • 2018年9月23日(日)
  • 9月24日(月)
23日(日)15時から17時まで、24日(月・祝)14時から15時30分まで
会場
名古屋市民ギャラリー矢田 第1展示室

名古屋市東区大幸南1-1-10 カルポート東

名古屋市民ギャラリー矢田 第1展示室
入場料

入場無料

バリアフリー情報

会場内のバリアフリー情報及び最寄り駅(名古屋市営地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」)からのアクセスについては、PDFファイルにてご案内しています。下記よりダウンロードしてご覧ください。
※ 資料提供:名古屋市民ギャラリー矢田

お問合せ
あいちアール・ブリュット展事務局(障害者支援施設サンフレンド内)
TEL | 0568-47-1181
FAX | 0568-47-1182
E-mail | sunfriend@aichi-seikokai.or.jp
主催
愛知県
共催 |
公益財団法人名古屋市文化振興事業団[東文化小劇場 市民ギャラリー矢田]
協力 |
社会福祉法人愛知県社会福祉協議会、一般社団法人愛知県身体障害者福祉団体連合会、愛知県肢体不自由児・者父母の会連合会、愛知県知的障害者育成会、一般社団法人愛知県知的障害者福祉協会、一般社団法人愛知県知的障害児者生活サポート協会、特定非営利活動法人愛知県精神障害者家族会連合会、一般社団法人愛知県精神科病院協会、特定非営利活動法人愛知県自閉症協会・つぼみの会、認定特定非営利活動法人ポパイ、愛知県立芸術大学、一般社団法人愛知県聴覚障害者協会、一般社団法人アティックアート、岡崎信用金庫、小原建設株式会社、角文株式会社、株式会社近藤組、関興業株式会社、太啓建設株式会社、豊橋商工信用組合、中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋株式会社、ネッツトヨタ愛知株式会社、ネッツトヨタ中部株式会社、株式会社花田工務店、碧海信用金庫、株式会社コスモコンサルタント、株式会社オール出版